綿密な取材に基づいた、楽しい記事を!

内容をメールかお電話にてお聞きし、新聞記事風にアレンジします。
その際、どうせなら楽しい記事にしたいと思いませんか?

ブライダル新聞なら

例えば、新郎の紹介記事なら、新郎のバックグラウンドを詳しくお聞きした上で、新聞風にアレンジした体裁に整えます。
こんな感じです。

文例1

例えば、「外務省によると」「警視庁の発表によると」などと大げさに書いたり、「◯◯通信社」などとすると新聞風の記事になります。こういうシャレを許して貰える場合には、「新聞風」にするための有効なディテールです。

家族新聞(子供の成長記録)なら

例えば、教育問題を政治記者っぽくアレンジすると、こんなふうになります。

文例2

その続編です。

文例3

こんな風に、子供の教育問題を単純に書くよりも、思い切りパロディーにすることで照れくさい内容も書くことができます。